手拍子を送りながらN響メンバーの演奏に聴き入る幼稚園児たち

 【足利】10日に市内で定期公演を行ったNHK交響楽団の弦楽四重奏メンバーが12日、白鴎大足利高マルベリーホールに出向き、生演奏を届けるアウトリーチコンサートを行った。足利くるみ幼稚園の年長児と保護者ら約200人が一流の演奏に聴き入った。

 ビオラの小野聡(おのさとし)さんら4人のメンバーはモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」第1楽章からを皮切りに、楽器紹介などを挟みながら久石譲(ひさいしじょう)さんの「となりのトトロ」、人気アニメ「鬼滅の刃」の主題歌「紅蓮華(ぐれんげ)」など、子どもたちにもなじみのある7曲を次々と披露した。

 子どもたちは時に体を動かし、手拍子を送りながら美しい生演奏に聴き入り、盛んな拍手を送った。

 共にピアノを習っているという園児の山本愛莉(やまもとあいり)ちゃん(6)と尾島有希菜(おじまゆきな)ちゃん(6)は「弦楽四重奏は初めて聴いた。体に音が響いてきた。トトロの曲が良かった」と話していた。

 4人のメンバーはこの日、山辺小でも同様の演奏会を開いた。