タイ風炒めごはん

手作りでカントリー調に改装した店内

タイ風炒めごはん
手作りでカントリー調に改装した店内

 3軒長屋の中央に、木のぬくもりを感じさせるカントリー調の店「COUNTRY STAND holo」(カントリースタンドホロ)がある。

 「タイ風炒めごはん」(860円)が1番人気。フライドエッグの下にあるガパオライスを口に運ぶと、トウガラシやニンニクなどでしっかりと味付けされた豚ひき肉やピーマン、ナスが食欲を刺激する。さらに、ホーリーバジルやジャスミンライス、パクチーも香るエスニックな味だ。

 手羽先は甘辛く、八角などが香る。自家製のソースは酸味があって、一つの弁当で味の変化を楽しめる。飽きが来ない。

 店は新型コロナウイルス禍でも気軽に立ち寄ってほしいと、栃木市内でカフェも営むオーナー加藤理恵(かとうりえ)さん(39)が、持ち帰りメインの店として1月に開いた。

 メニューは、夫裕司(ゆうじ)さん(40)がバックパッカーとして海外を旅して食べた料理などを、日本人好みにアレンジしたもの。「ボローニャ風手打ちラザニア」(930円)やイギリスの伝統菓子「キャロットケーキ」(450円)も人気だという。加藤さんは「小さいながらも活気のあるお店にしたい」と話している。

 ▼メモ 栃木市湊町7の3。午前11時~午後7時(日曜は3時)。月曜定休。駐車場は店舗西側。(問)0282・51・6526。