男子6年シングルス松下(宇都宮中央)-鈴木(宇都宮JB)決勝 第2ゲーム、鈴木がスマッシュ=県北体育館

 第37回県小学生バドミントン大会兼関東大会県予選が9月26日、県北体育館で開かれ、男子6年以下シングルスは宇都宮JBの鈴木大我(すずきたいが)(城東)が王座に就いた。

 大会は学年、男女別にシングルスとダブルスを実施した。鈴木は準々決勝から登場し、準決勝、決勝の3試合をいずれもストレートで完勝し頂点に立った。

 同ダブルスは宇都宮中央の檜山誠太(ひやませいた)(小貝)・雫優心(しずくゆうご)(清原中央)組が優勝を飾った。女子6年以下シングルスは、宇都宮中央の柏木結衣(かしわぎゆい)(豊郷南)が女王。同ダブルスはプライドジュニアの阿部美鈴(あべみすず)(大谷北)・小川夕里花(おがわゆりか)(埼玉県春日部市牛島)組が栄冠を手にした。

 各部門の上位4人(組)は今月30、31日、千葉市の千葉ポートアリーナで開かれる関東大会に本県代表として出場する。