ワタリガニのトマトクリームソース

住宅街にあるお店の外観。イタリア国旗が目印

ワタリガニのトマトクリームソース 住宅街にあるお店の外観。イタリア国旗が目印

 鹿沼市中心部の閑静な住宅街にある知る人ぞ知る本格生パスタの店。一度食べると多くの人がリピーターになるという。

 前菜、自家製フォカッチャ、ドリンクが付くランチメニューで1番人気なのがワタリガニのトマトクリームソース(1400円)だ。パスタはほどよい歯応えのあるタリオリーニ。ワタリガニをトマトソースでじっくり煮込み、だしを取る。クリームソースと混ぜ、カニをたっぷりパスタに乗せて仕上げる。トマトの風味とカニのうま味が口の中に広がる。

 オーナーシェフの桜井雄一(さくらいゆういち)さん(46)は市出身。高校卒業後に「手に職を付けたい」と大阪の料理学校へ進学し、イタリアンの道へ。大阪や宇都宮、本場イタリアでの2年間の修業を経て、2014年に店をオープンした。

 「敷居が高くなく、気軽に来てもらえるようなお店作りを目指している」と桜井さん。パスタ以外にもマルゲリータ(1000円)やロマーナ(1100円)などのピザも楽しめ、週末には家族で訪れる人も多い。桜井さんは「パスタも多くの種類があるのでいろいろなパスタに挑戦していきたい」と話した。

 ◆メモ 鹿沼市貝島町5037の1。午前11時半~午後3時(入店は午後1時45分まで)、午後6時~9時(入店は午後7時45分まで)。水曜と火曜の夜定休。駐車場7台。(問)0289・63・6377。