宇都宮市議らが昨年11月の知事選告示前に福田富一知事への投票を呼び掛ける違法文書を配布した事件で、公選法違反(法定外文書頒布、事前運動)罪に問われた知事の次男で前宇都宮市議福田陽被告(37)の判決公判が11日、宇都宮簡裁で開かれ、細谷和信裁判官は罰金20万円、公民権停止2年(求刑罰金20万円、公民権停止5年)を言い渡した。

 判決が確定すると、福田被告は2023年春に任期満了となる同市議選へ立候補ができなくなる。

 弁護側は同罪で有罪判決を受けた前同市議会議長(59)らとの共謀を否定し、刑事責任の軽い「ほう助」にとどまると主張。公民権停止は不要が相当と訴えていた。