電動自転車がレンタルできるカフェと龍店長

 スポーツタイプの最新電動アシスト自転車などがレンタルできるカフェ「PRIMAVERA(プリマヴェーラ)」が那須町高久乙にオープンし、9日、本格的に貸し出しを始めた。店長を務めるのは、アイスホッケーアジアリーグHC栃木日光アイスバックスの元ゴールキーパー龍翔太郎(りゅうしょうたろう)さん(30)。「自転車で那須の自然を満喫しながら、観光スポットや地元商店などを回ってほしい」と話している。

 同店はスポーツイベントなどを手掛ける「T&C」(宇都宮市戸祭2丁目)が運営。老若男女が扱いやすいように、レンタサイクルは電動アシスト機能付きのロードバイクやマウンテンバイク、ミニベロなどさまざまなサイズの約30台を用意した。敷地内に設けたキッチンカーでは、自家焙煎(ばいせん)コーヒーやサンドイッチなどを提供する。

 同店を拠点として、町外の観光地にも随時キッチンカーや自転車を持ち込んで営業する。同社は「観光での移動そのものを、アウトドアアクテビティとして楽しんでもらいたい」としている。

 龍さんは店頭のディスプレーなどを学ぶため、宇都宮市内のカフェを複数視察して開店準備を進めてきた。「多くの人に店を知ってもらって、那須を盛り上げたい」と笑顔で話した。

 営業時間は午前10時~午後5時。月、火曜日が定休。自転車のレンタル料は1台2時間2500円。日帰り料金プランなども用意している。キッチンカーの移動先は、写真共有アプリ「インスタグラム」の同店公式アカウントなどで告知する。