第2ピリオド、得点を決めて喜ぶバックスのFW古橋=KOSE新横浜スケートセンター

 アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」は9日、横浜市のKOSE新横浜スケートセンターほかで2試合を行い、HC栃木日光アイスバックスはFW古橋真来(ふるはしまくる)のハットトリックなど12-4で横浜に快勝し、今季3戦目で初勝利を挙げた。

 バックスの12得点は、2006年1月のチチハル(中国)戦で挙げた11得点を抜き、03年創設のアジアリーグ参戦以来、チーム最多得点となった。

    ◇    ◇

 バックスの今季初勝利はスペシャルプレーの精度の高さが光った。