5回、ホンダの捕手・大塚が相手の本塁突入を阻止=県営

3回、ホンダの森山が2点本塁打を放つ=県営

1回、ホンダの遊撃手・木村が二塁を狙う相手走者にタッチするもセーフ=県営

5回、ホンダの捕手・大塚が相手の本塁突入を阻止=県営 3回、ホンダの森山が2点本塁打を放つ=県営 1回、ホンダの遊撃手・木村が二塁を狙う相手走者にタッチするもセーフ=県営

 ソフトボールの日本リーグ女子1部第8節の宇都宮大会初日は9日、県営球場で2試合を行い、栃木県のホンダは日本精工に2-4で敗れた。連勝は4でストップし、通算10勝7敗で順位は4位のまま。上野由岐子(うえのゆきこ)ら日本代表7人を擁するビックカメラ高崎は6-0で伊予銀行に完勝した。

 ホンダは投打に振るわなかった。先発ジェイリン・フォードは序盤から制球に苦しみ、初回に4四死球などで2失点。四回から登板した2番手秋豆朱音(あきずあかね)も直後に適時三塁打を浴びて勝ち越しを許し、六回にも追加点を奪われた。打線は三回、森山遥菜(もりやまはるな)主将の右中間2点本塁打で同点に追い付いたが、その後は再三の好機を生かせなかった。

 宇都宮大会最終日は10日、同球場で午前10時半からビックカメラ高崎-日本精工、午後1時からホンダ-伊予銀行を行う。試合は有観客で当日券も販売される。

■尾を引いた序盤の攻防

 二回途中から降り出したにわか雨は涙雨となった。地元2連戦の初戦を落とし、ホンダの大西舞(おおにしまい)監督は「自分たちのやりたかったことができなかった」と肩を落とした。