お寿司(イカ、タコ)が大好きな笑福(画像の一部を加工しています)

 食欲の秋ですね。食べ物は体を作る基ですので、子どもには満遍なくバランスよくいろんな食材を食べてほしいものです。今回は笑福(えふ)(6)の好き嫌いの話をしたいと思います。

 笑福の大好物はタコとイカ。刺し身も食べます。あと唐揚げも好きで、「毎日食べたい」と言っています。さすがに毎日は食べさせませんが。うちの唐揚げは、仕事で中華料理人の五十嵐美幸(いがらしみゆき)シェフから教えてもらった簡単時短レシピ。下味を付けるのに必要なのはしょうゆと酒、かつお節だけ。つけ込まずにもみ込んだら、片栗粉を付けて揚げるだけ。かつお節のうまみ成分で、冷めてもおいしいですよ。

 子どもって、お菓子が大好き。もちろん笑福もチョコレートが好きですが、虫歯になった時「食べ過ぎると歯が虫歯でボロボロになって、なくなるよ」と話したら怖がって、チョコとグミは禁止になりました。お菓子は糖分が気になるので、最近のおやつは焼き芋です。あと、アイスは箱売りの小さな棒アイスを1日1本まで。

 実は嫌いなもので困っているんです。スープやおみそ汁の汁物が嫌いで、毎朝作るのですが一度も具を食べるどころか飲んでくれたこともありません。この前、はっきりと「嫌い」と言われてしまいました。理由がよく分かりません。体にいいので飲んでほしいのですが。発酵食品のみそは食べてほしいので、キュウリにみそを付けて食べさせています。

 野菜はキャベツやレタスなど生野菜は食べるのですが、トマトやピーマン、ニンジンは苦手。トマトはパスタソース、ニンジンはカレーライスに分からないように入れて、本人は知らないで食べています。私は煮物が好きでいろんな具材を入れて作るのですが、笑福はイカだけ食べて、他は一切手を付けません。

 あと「ピザが食べたい」というので宅配ピザを頼んでも、食べるのはなぜか具材のない端っこの生地のみ。意味不明です。

 私も子どもの頃は嫌いなものが多く、今もピーマンや魚が苦手なので、笑福には大きな声で「バランスよくいろいろ食べて」とは言いにくいんです。でも、笑福が生まれてからはこのままではいけないと、頑張って食べるようにしています。

 笑福にはいろんなものを食べて、食物連鎖や命、自然など食べ物の裏にある背景に興味を持ってくれるといいなと思っています。食に興味を持ってもらえるよう、家庭菜園を増やしたり、コロナが落ち着いたら、大田原のお父さんの作った野菜を笑福に収穫させたりしたいです。