水無バイパスで道路の安全を祈願する関係者

 【日光】森友の森友北交差点と大室の水無交差点をつなぎ、県が整備してきた国道119号水無バイパス(延長約2・9キロ)が8日開通し、関係者による安全祈願祭が行われた。

 同国道は日光杉並木街道の一部。杉並木保護などのため、2013年度から県日光土木事務所がバイパス整備事業を進めてきた。