プロモーション動画の一場面

 下野市は今夏中止になったイベント「しもつけ燈桜会(とうおうえ)」のプロモーション動画を作成し、5日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信を始めた。

 燈桜会は2019年に始まった、国分寺の天平の丘公園を4千個の灯籠の明かりで彩るイベント。約1300年前の奈良時代の下野国分寺で行われた、灯明皿に明かりをともす行事をイメージしている。

 新型コロナウイルスの影響で昨年度は中止。今年も中止したが、行事の認知向上や市のPRのため、動画を配信することになった。

 動画は3分32秒。ナレーションは「輝け!下野エール大使」で、アニメ「鬼滅の刃」など多くの人気作品に出演する声優下野紘(しものひろ)さんが務める。撮影は9月に行われ、園内にカップ型灯籠約2400個が設置された。実際のイベントでは歩いて散策するが、動画では上空から、広大な公園が柔らかな光に包まれていく様子を楽しむことができる。

 商工観光課担当者は「動画を見て、来年はぜひイベントに足を運んでほしい」としている。

 動画は市のシティープロモーションサイト「プチハピしもつけ」のチャンネルで見ることができる。