那須衆に宛てた秀吉の書状

 大田原市那須与一伝承館は、豊臣秀吉による「奥羽再仕置(しおき)」と那須地域の武将たち「那須衆」に焦点を当てた特別企画展「奥羽再仕置と那須(なす)衆-大田原から秀吉が帰った後…-」を南金丸の同館で開いている。奥羽再仕置430周年記念として企画し、秀吉が那須衆に宛てた書状など計71点を展示。重藤智彬(しげとうともあき)学芸員(29)は「あまり知られていない地元の武将たちの奮闘ぶりを紹介したい」と話している。11月23日まで。

 1590年に小田原城の北条(ほうじょう)氏を滅ぼした秀吉は関東や東北の大名に対して配置換えや改易などの戦後処理を行ったが、反発する一揆が東北各地で起こった。