9日から公開される「とちぎ住宅フェア2021バーチャル」の専用サイトのイメージ

 県住宅協会と住宅フェア栃木実行委員会は9日から、ウェブ上で「とちぎ住宅フェア2021バーチャル」を開催する。コロナ禍での初の試み。同日から専用サイトを公開し、ハウスメーカー・工務店のモデルルームの動画公開や住宅に関するウェブセミナーなどを展開する。11月15日まで。

 例年は宇都宮市のマロニエプラザを会場に住宅フェアを開催し、3千~5千人が来場していたが、コロナ禍の影響で昨年は中止した。