販売する「律之助物語-麦笛」や安藤さんの作品

 【栃木】大平町出身でビール麦の契約栽培を広めた田村律之助(たむらりつのすけ)(1867~1932年)の顕彰団体「田村律之助顕彰会」は、田村の功績などをPRするオリジナルビールの第3弾「律之助物語-麦笛」を商品化し、10日に栃木駅前の市観光交流館「蔵なび」で販売イベントを開く。

 同会は大平地域の子供たちと育てたビール麦でビール製造に取り組んでいる。これまで発売した商品は市のふるさと納税の返礼品になっているほか、市アンテナショップ「コエド市場」などで販売している。