西川鎭央氏

 自民党の西川鎭央(にしかわやすお)前県議(50)が、次期衆院選栃木2区からの出馬を見送る方針を固めたことが6日、関係者への取材で分かった。自民県連の決定を受け入れ、比例北関東ブロック単独候補として出馬する。2区候補は県連が公募で決めた五十嵐清(いがらしきよし)前県議(51)に一本化され、分裂選挙は回避される見通しになった。

 関係者によると、西川氏は近く、支援を受ける市町議や後援会関係者を集めた会合をさくら市内で開き、2区からの出馬を取りやめ、比例単独候補として出馬する意向を伝える。