寄せ植え作りに取り組む児童たち

 【壬生】羽生田小の全校児童31人は4日、花の寄せ植え作りを同校で行った。

 とちぎわんぱく公園(国谷)の花育事業の一環。同公園では、同校を含め町内4小学校で寄せ植え作りを行っている。16日から開催する「とちぎグリーンフェスタ2021」(県など主催)の会場内に飾られる。

 緑の相談員がミニ講座として、花の特徴や苗の植え方を説明。児童はそれぞれプランターに土を入れ、配置を考えながらマリーゴールドや観賞用トウガラシなどの苗4株を植え込んだ。

 6年(落合哉太おちあいかなた)君(11)は「見た人が『きれいだな』と思ってくれるように、心を込めて作った」と話した。