タンシチュー

バイクの模型が並ぶ店内と酒井さん夫妻

タンシチュー バイクの模型が並ぶ店内と酒井さん夫妻

 だしで煮込んだ分厚い牛タンはフォークでほぐれるほど柔らかく、ワインを煮詰めたソースと一緒に口に運ぶと芳醇(ほうじゅん)な香りと甘み、酸味が鼻腔(びくう)に抜ける。

 人気のタンシチューはサラダ、ライス、コーヒー付きで1628円。タンは下処理からソースで煮詰めるまでに3日をかけ、マッシュポテトやライスとの相性もいい。癖になる逸品だ。

 フレンチなどを学んだ店主酒井芳男(さかいよしお)さん(60)が「安くおいしく、ある程度の量を」を信条に、妻美雪(みゆき)さん(60)と店を構えて37年。夫妻を慕う常連客が絶えず、要望から生まれるメニューも多いという。

 店を訪れる芳男さんのバイク仲間の人脈も多彩。グルメ情報が集まり、おいしい店があると聞けば自身も愛車のハーレーで「開店前でも食べに行く」。道中の景色に盛り付けの着想を得ることもあるといい、探究心は尽きない。

 ビーフシチュー(1628円)やカレーセット(1078円)なども根強い人気を誇る。「お客さんとの対話を楽しみ、自分がその時うまいと思うものを出す」と芳男さん。気配りと確かな腕で、客の胃と心をつかんでいる。

 ▼メモ 足利市新山町2242の7。午前11時半~午後3時(ラストオーダー2時半)、午後5~8時半(同8時)。営業時間短縮中。月曜ディナー休み。(問)0284・41・4800。