カオラッパッガパオ

アピサダ・マノジャイさん

カオラッパッガパオ アピサダ・マノジャイさん

 店名のアロイディーは、タイ語で「本当においしい」という意味。元ラーメン店の店内は、本場タイの調度品などが並んで異国情緒があふれ、ゆったりとした時間が流れている。

 人気メニューは「カオラッパッガパオ」。日本では「ガパオライス」と呼ばれることが多い料理だ。タイで「ガパオ」と言われるホーリーバジルと鶏ひき肉、ニンニクなどをオイスターソースや砂糖などで味付けして炒め、目玉焼きがのったタイ米に添えている。鶏ひき肉は、豚ひき肉かシーフードに変更できる。

 甘辛く、独特な爽快感があるバジルなどの具はパラパラの米によく混ざり、複雑な味わい。唐辛子の辛みもしっかり効いており、食べ終わる頃には、じんわりと汗ばむほどだ。辛さが苦手なら唐辛子抜きも可能。ご飯物や麺料理、スープなどの一部メニューはテークアウトできる。

 店主アピサダ・マノジャイさん(56)は約10年前に市内で「トムヤムクン」というタイ料理店を始めたが、より広い場所を求めて2019年12月、今の場所に同店をオープンさせた。

 タイ出身のマノジャイさんは30年ほど前に来日。メニューに無いタイ料理でも食材があれば提供できるといい、「何でも作れる」とマノジャイさん。パクチー抜きなどの注文にも細かく対応する。

 ◆メモ カオラッパッガパオは1000円▽那須塩原市北二つ室348の174▽営業時間 午前11時~午後3時、午後5~11時▽定休日 月曜▽(問)0287・46・5421