栃木労働局は4日、宇都宮市の食品製造業の社長が、新型コロナウイルス禍に関する国の緊急雇用安定助成金約2900万円を不正に受給したと発表した。同社は食品製造の実態もなかった。

 労働局によると、社長は2020年4~9月中旬にかけ、6回にわたり2925万7200円を不正に受け取った。