アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」は3日、北海道苫小牧市の白鳥王子アイスアリーナで1試合が行われ、HC栃木日光アイスバックスはRE北海道に3-4の逆転負けを喫し開幕2連敗を喫した。

 バックスは第1ピリオド10分にパワープレーからDF佐藤大翔が先制。17分にもパワープレーでFW大椋舞人が決めてリードを広げた。第2ピリオドは10分に1点差に詰められたが、15分にFW鈴木雄大のゴールで再び2点リード。しかし第3ピリオド10分までに3連続失点を喫し、今季初勝利を逃した。

 次戦は9日午後4時から、横浜市のKOSE新横浜スケートセンターで横浜と対戦する。