JR東日本によると1日午後8時55分ごろ、宇都宮市竹林町のJR宇都宮線宇都宮-岡本駅間で、宇都宮発黒磯行き下り普通電車が走行中、架線に複数のビニールが付着しているのが見つかり停車した。係員が撤去して安全確認し、2日午前0時10分ごろに運転を再開した。ビニールは最大で長さ約20メートルだったという。区間運休を含め上下線12本が運休し、上下線8本が最大で4時間15分遅れ、約1500人に影響が出た。