大田原クリテリウムで連覇を狙う初代王者の小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)=前回大会より

 自転車ロードレースの国内最高峰ツアー「Jプロツアー(JPT)」が21、22の両日、大田原市と矢板市で開催され、国内トップチームがしのぎを削る。21日は野崎工業団地内公道コースでJPT第14戦「第2回大田原クリテリウム」、翌22日はJR片岡駅周辺を発着点に第15戦「第2回やいた片岡ロードレース」を行う。地元レースに臨む宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼンの戦いを展望する。

 大田原クリテリウム(1周2・5キロ×28周=70キロ)には21チーム103選手が出走予定で、21日午後0時40分にスタートする。平たんで長方形型のシンプルなコースのため、接戦が予想される。大集団スプリントとなった前回は、抜群の連係力で宇都宮ブリッツェンの小野寺玲(おのでられい)が頂点に立った。