【佐野】市は今月から、市民を対象とした新型コロナウイルスの抗原検査を無料で実施する。1日の定例記者会見で、金子裕(かねこゆたか)市長が明らかにした。

 市は5月から高齢者や妊婦などに限り無料検査を行っており、9月までに計48人が受けた。市内の新規感染者数は減少傾向にあるものの、「まだまだ予断を許さない状況」(市感染症対策室)として、対象を「市に住民票があり、発熱などのかぜ症状のない人」に拡充した。

 検査日は原則、第2、3、4水曜の月3回。市は月150人の利用を見込んでおり、本年度分の経費として940万円を計上している。

 検査方法は唾液採取による抗原定量検査で、同室は「検査結果が陽性、疑陽性の場合は、PCR検査を無料で実施することになる」としている。

 また市は、市民のワクチン接種率(9月29日現在)が、1回目56・55%、2回目44・08%に上ったと発表した。市は1、8の両日、高校生(計約960人)を対象とした集団接種(1回目)を行い、接種率向上を図る。

 同室の担当者は「希望者全員の2回目接種が11月末までに完了するよう、1回目の予約を10月末までに済ませてほしい」と呼び掛けている。(問)同室0283・25・8131。