クリーンルームから運び出される人工衛星「おおるり」=8月19日、宇都宮市豊郷台1丁目

 鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所で1日に予定されていた、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のイプシロンロケット5号機の打ち上げは、打ち上げ直前、地上局のトラブルで中止となった。

 ロケットには帝京大理工学部(宇都宮市)の学生らが開発した人工衛星「TeikyoSat-4」(愛称・おおるり)が搭載され、宇宙に向かうはずだった。