15番でアプローチショットを放つ篠崎=烏山城CC

 女子ゴルフツアーの国内メジャー、第54回日本女子オープン選手権大会は30日、烏山城CC(6550ヤード、パー71)で予選第1ラウンドが行われ、初日はツアー14勝ながら公式戦未勝利の上田桃子(うえだももこ)が66で単独トップに立った。1打差の2位には鶴岡果恋(つるおかかれん)と高橋彩華(たかはしさやか)が並んだ。

ほかにもWeb写真館に写真

 連覇を狙う原英莉花(はらえりか)と渋野日向子(しぶのひなこ)は68の4位で並んだ。3週連続優勝を狙う西村優菜(にしむらゆな)と稲見萌寧(いなみもね)は70で30位のスタートとなった。

 栃木県勢は藤田(ふじた)さいきが71で45位、篠崎愛(しのざきまな)は72で63位。臼井麗香(うすいれいか)は左手を痛めるアクシデントがあり76で104位と大きく出遅れた。

(賞金総額1億5千万円、優勝3千万円、出場120選手=アマ29、晴れ時々曇り、気温26.3度、南西の風2.8メートル、2824人)

■初メジャーで予選突破へ

 最終ホールとなった9番パー4(403ヤード)。58度のウエッジで放ったボールはピンの根元にピタリと止まり、ギャラリーから拍手が沸き起こった。篠崎愛(しのざきまな)は「セカンドが深いラフで100ヤードしか飛ばなかった。OKパーで上がれてよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。