オンライン取材に応じる入江。空き時間は、体を休めつつ読書をするなどリハビリ期間も有意義に使っている

 リハビリ生活は2カ月目に突入しました。1日の練習は午前10時~午後1時半まで筋力トレーニングやランニングをし、3時からリハビリメニューに取り組んでいます。

 トレーニング強度はかなり高まってきました。特に筋力トレーニングではスクワットなどで徹底的に下半身を鍛えています。理想は競走馬のような強い足腰です。さらに学生時代にはあまりやってこなかった体幹トレーニングにも注力するようになりました。

 目標は大まかに言えば筋肉量を増やし、強い体をつくること。この期間をオフシーズンのような「増量期」に設定し、過去最も重い92キロの現在体重を、さらに5、6キロ増やすことを目指します。体と相談しながら慎重に取り組んでいます。肘の状態も上々で、来月からはボールを投げることができそうです。

 最近の日課は読書です。プロは学業の時間がなくなるので、就寝前の空き時間にはビジネスやスポーツなど各方面で成功した方の自己啓発書籍などを読んでいます。また、平良(たいら)(拳太郎(けんたろう))さんらチームメートに勧められた韓国ドラマを見てリフレッシュもしています。体を修復する時間をつくるのは大事なこと。しっかり休むことも仕事です。

 1軍では今永(いまなが)(昇太(しょうた))さんや田中(たなか)(健二朗(けんじろう))さんが、手術を経て復活しました。リハビリで自分を見つめ直し、良い結果につなげた姿は画面越しでも強く、勇ましく映りました。

 先輩たちのようになるためにも、僕もけがを乗り越え、来季2年分の活躍をしたいと思っています。