事実上の次期首相を選ぶ29日の自民党総裁選で、岸田文雄(きしだふみお)前政調会長が新総裁に選出された。県内経済界からは長期化するコロナ禍の中、社会経済活動の活性化を求める声が上がった。強いリーダーシップの発揮とともに、国民目線に立った上で「挙党一致を」と求める声もあった。

 「しっかりとした国家観や国家ビジョン、基本戦略を示し、国民が『納得と共感』を得られるような自分自身の言葉でメッセージを発信していただきたい」。県経営者協会の青木勲(あおきいさお)会長は岸田氏にそう求めた。

 コロナ対応では、懸念される第6波や社会経済活動の活性化について「強力なリーダーシップを発揮し早期の取り組みと成果を期待している」とコメント。発信力強化のために「マスコミ対応も重要だ」とした。