自民党の岸田文雄(きしだふみお)新総裁が誕生した29日、本県の野党国会議員からは冷ややかな声が聞かれた。

 立憲民主党の福田昭夫(ふくだあきお)衆院議員は「緊急事態宣言下で1カ月近く総裁選にうつつを抜かす時間があったのか」と批判。新型コロナ対策の国会審議が遅れるとして「これまでも後手後手だったが、反省が全くない。政府が機能していないと言っても過言ではない」と語気を強めた。