茂木敏充(もてぎとしみつ)外相は28日の閣議後会見で、自民党総裁選では岸田文雄(きしだふみお)前政調会長を支持する意向を表明した。会長代行を務める旧竹下派では、所属議員の大半が岸田氏支持の方針であることを説明した上で「完全に考え方を共有している」と述べた。

 所属議員の意向を聴取したところ、新型コロナウイルス対応や今秋の衆院選、来年の参院選などをにらみ、挙党態勢や安定政権を求める声が多かったという。茂木氏は「グループとしては大半が岸田氏支持でまとまった。方向性が明確になった」と話した。

 茂木氏は今回の総裁選で、派内の意見をまとめる立場に徹するなどとして立候補を見送っていた。