足利市役所

 足利市の早川尚秀(はやかわなおひで)市長は28日、臨時記者会見を開き、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場について、新たに大月町の商業施設「アシコタウンあしかが」を加え、16歳以上を対象に平日夜間の接種枠を設けると発表した。また18歳以下に限定した集団接種を足利赤十字病院で行う。ワクチンはいずれもファイザー社製。

 アシコタウンでの接種対象は8880人。10月9~22日(2回目は30日~11月12日)、2階の空き店舗を利用して行う。若年層の利用を意識して平日の接種時間は午後7~9時とした。土日は日中に行う。

 18歳以下限定の接種日は10月30日(2回目は11月20日)。対象は714人。午後2~5時半に行う。

 予約は10月2日午前8時半からウェブかコールセンター(0570・027・798)で受け付ける。

 接種会場の増設により、市が当初11月末と見込んでいた接種完了時期は2週間程度早まる見通し。早川市長は「希望する方に一日でも早く接種を行い、感染拡大、重症化を抑えたい」と話した。