エスカレーターの安全な利用を呼び掛け、チラシを配る埼玉県の大野元裕知事(右)=27日午前、JR浦和駅

 エスカレーターの事故防止のため、利用者に歩かず立ち止まって乗るよう努力義務を課す全国初の条例が、埼玉県で来月施行されるのを前に、大野元裕知事らが27日、さいたま市のJR浦和駅でチラシを配り、条例の内容を周知して安全な利用を呼び掛けた。

 大野知事は配布後、記者団に「残念ながら今日も歩いている人を見掛けた。習慣を変えることは難しいが、エスカレーター事故ゼロを目指し、県民に協力をお願いしていきたい」と話した。

 条例は県民に立ち止まった状態での利用を求めるほか、管理者には利用方法の周知徹底を要請。罰則はないが、管理者に対して必要な指導、勧告ができるとしている。