5回、左前に適時打を放つ文星付の曽我=清原

4回、ピンチで捕手・栫から声を掛けられる高根沢の先発・薄羽(右)=清原

5回、左前に適時打を放つ文星付の曽我=清原 4回、ピンチで捕手・栫から声を掛けられる高根沢の先発・薄羽(右)=清原

 第74回秋季県高校野球大会兼関東地区大会県予選第9日は25日、清原球場で準決勝2試合を行い、文星芸大付が12-2で高根沢に、白鴎大足利が5-3で宇都宮南に勝利し、それぞれ2年ぶり16度目、5年ぶり5度目の関東大会出場を決めた。

◆WEB写真館はこちら

 文星芸大付は打線が爆発。三回に曽我雄斗(そがゆうと)の左前適時打など長短5安打で3点を先制。2点を返された直後の四回に打者一巡の猛攻で5点、五回は5安打で4点を奪い、五回コールド勝ちを収めた。

 白鴎大足利は1点を追う四回、2死満塁で林虎之介(はやしとらのすけ)の走者一掃の3点適時二塁打で逆転。その後は宇都宮南の強力打線に追い付かれたが、八回1死一、三塁で佐藤吏功(さとうりく)の中前適時打で勝ち越した。

 大会最終日の26日は午前10時から、清原球場で文星芸大付-白鴎大足利の決勝を原則無観客で行う。