北海道根室市の花咲港で水揚げされるサンマ=25日午前

 サンマの水揚げ量が日本一の北海道根室市の花咲港で25日、大型船が次々と網いっぱいのサンマを水揚げした。同日の水揚げは約729トンで、1日としては今季最多の豊漁。全国の8月の水揚げ量が過去2番目の低さと厳しい状況の中、久しぶりのまとまった漁獲に漁師らは「明るい兆しだ」と安堵の表情を浮かべた。

 花咲港では早朝から、約30隻が続々と帰港。船内の魚槽からサンマを網ですくい、横付けしたトラックに積み込んだ。富山県魚津市の「第8珠の浦丸」の男性甲板員(66)は「徐々に量は増えている。身の太い魚が多いね」と満足そうだった。