「ゼロカーボンパーク」の登録について発表する渡辺市長=24日午後、那須塩原市役所

 那須塩原市の渡辺美知太郎(わたなべみちたろう)市長は24日の定例記者会見で、日光国立公園内にある同市の塩原温泉、板室温泉両地区が、自然環境に配慮した脱炭素化に先進的に取り組むエリアとして、環境省の「ゼロカーボンパーク」に登録されたと発表した。栃木県内では初、全国では3番目。

 ゼロカーボンパークは、国立公園内で電気自動車や再生可能エネルギーの活用などを進めることで、脱炭素型の持続可能な観光地づくりを目指していく試み。