深井(左)が寄り切りで北の若を下し、幕下優勝を決める=両国国技館

 大相撲秋場所13日目の24日、幕下は東洋大出身の深井(石川県出身、高砂部屋)が6連勝同士の対戦で元高校横綱の北の若(山形県出身、八角部屋)を下し、7戦全勝で優勝した。

 三段目は明大出身の藤青雲(熊本県出身、藤島部屋)が7戦全勝で制覇。2場所前の序ノ口デビューからの連勝を21に伸ばした。序二段は日大出身の日翔志(東京都出身、追手風部屋)が7戦全勝優勝を決めた。

 序ノ口は17歳の瀬戸の海(広島県出身、高田川部屋)が7戦全勝で制した。