5回、高根沢の五味渕が2点適時打を放ちガッツポーズ=県営

スタンドへのあいさつを終えてベンチに戻る作新ナイン=清原

5回、高根沢の五味渕が2点適時打を放ちガッツポーズ=県営 スタンドへのあいさつを終えてベンチに戻る作新ナイン=清原

 第74回秋季県高校野球大会(下野新聞社など後援)第8日は23日、県営、清原の両球場で準々決勝4試合を行い、48年ぶり2度目の準決勝進出を決めたシード高根沢のほか、ノーシードの宇都宮南、白鴎大足利、文星芸大付が4強に入った。

◆栃木県高校野球特集

Web写真館に別カットの写真

 高根沢は5-3で連覇を狙う国学院栃木を振り切った。三回に斎藤航(さいとうわたる)、五味渕翔(ごみぶちしょう)の適時打などで3点先制。五回にも2点を加えると、3投手の継投で反撃を断った。宇都宮南は、1点を追う七回に塩浜颯人(しおはまはやと)の適時打で逆転。先発石崎蒼真(いしざきそうま)は9回1失点の好投を見せ、2-1で茂木を退けた。

 白鴎大足利は二回に2点を先制。八回は打者11人の猛攻で一挙5点を奪い、シード作新学院に11-1で八回コールド勝ちした。文星芸大付は1-1の四回、川又蓮(かわまたれん)の中前適時打で勝ち越すと、六回も追加点。1点リードを継投で守り切り、青藍泰斗に3-2で競り勝った。

 大会第9日は25日、清原球場で高根沢-文星芸大付、宇都宮南-白鴎大足利の準決勝2試合を、原則無観客で行い、10月30日から茨城県で開かれる関東大会に出場する2校が決まる。