水道局でもパン販売 宇都宮市、障害者授産施設の3事業所

 【宇都宮】障害者の就労機会拡大などを目指し、市役所内の障害者支援施設等製品販売所「わく・わくショップU」は昼の出張販売を拡大し、9月から河原町の市上下水道局ロビーでパンの定期販売を行う。8月には試験販売を実施しており、職員や来庁者、近所の住民に好評だ。

 ショップUには30施設が登録。昼は本庁のほか、河内地区市民センターなど14カ所の市有施設で出張販売を行っている。

 水道局でのパン販売は水曜と金曜日の週2回、午前11時半から午後1時まで実施。市内の「ひびき」と「泉が丘ふれあいプラザ」、「コパン」の3事業所が交代でパンや焼き菓子などの販売を行う。