閉校前の夏、心に刻もう 真岡・中村南小でお泊まり会

 【真岡】来年度から中村小との統合が決まっている中村南小で26日、生徒たちが教室に宿泊する催し「学校に泊まろう」が行われた。学校での思い出を深めてもらおうと保護者らが企画し、防犯対策として夜間見回りなどに近隣駐在所員らも協力した。

 希望制のイベントだったが、全校児童57人のほとんどが参加。校庭などで夕方まで遊んだ後、近隣住民も加え、協力を申し出た地域のお囃子(はやし)団体や歌い手の演奏の中、盆踊りを楽しんだ。

 午後9時からは体育館でキャンドルサービスを実施。その後、普段過ごしている三つの教室に布団を敷き、枕投げやトランプなどで思い思いの夜を過ごし「南小の最後の夏」を心に刻んだ。