第74回秋季県高校野球大会第8日は23日、県営、清原の両球場で準々決勝4試合を原則無観客で行う。

◆栃木県高校野球特集

準々決勝 高根沢vs国学栃木(県営・第1試合)

準々決勝 文星付vs青藍泰斗(清原・第1試合)

準々決勝 宇南vs茂木(県営・第2試合)

準々決勝 白鴎足利vs作新(清原・第2試合)

 県営球場の第1試合は、前回大会王者の国学院栃木が48年ぶり2度目の準決勝進出を目指すシード高根沢を迎え撃つ。第2試合は公立校同士の顔合わせで、宇都宮南と初の4強入りが懸かる茂木がぶつかる。

 清原球場の2試合は、いずれも強豪私立が対戦する好カード。3回戦までコールド勝ちで勢いに乗る文星芸大付が前回4強の青藍泰斗と激突。同じく前回4強のシード作新学院は、ノーシードから勝ち上がった白鴎大足利と対戦する。