竹灯籠が並べられた「勅額門」の参道

竹灯籠が並べられた「勅額門」の参道

竹灯籠が並べられた「勅額門」の参道 竹灯籠が並べられた「勅額門」の参道

 【大田原】佐良土の光丸山法輪寺で20日夜、五穀豊穣(ほうじょう)と新型コロナウイルスの収束を願う彼岸会が、初めて行われた。

 佐良土地区では、新型コロナ感染拡大防止のため、8月に行う国選択無形民俗文化財「大捻縄(だいもじ)引き」や、稲わらを縄で縛った豊年棒(ほうねんぼう)で豊作を祈る9月の伝統行事「豊年棒」をはじめ、同寺の11月の縁日「光丸山大祭」も中止となった。