自民党の衆院栃木2区公認候補問題で、同区支部長の西川公也(にしかわこうや)元農相(78)は21日、党本部で二階俊博(にかいとしひろ)幹事長や林幹雄(はやしもとお)幹事長代理と面会し、同区からの出馬を事実上表明している長男の西川鎭央(にしかわやすお)県議(49)=さくら市・塩谷郡選挙区、1期=が公認候補に適任だとする上申書を提出した。

 西川元農相によると、二階氏らは「調整困難な選挙区として、次の党執行部にしっかり引き継ぐ」などと話したという。上申書は山口泰明(やまぐちたいめい)選対委員長らにも提出した。