仙波川沿いを鮮やかに彩るヒガンバナ

仙波川沿いを鮮やかに彩るヒガンバナ

仙波川沿いを鮮やかに彩るヒガンバナ

仙波川沿いを鮮やかに彩るヒガンバナ 仙波川沿いを鮮やかに彩るヒガンバナ 仙波川沿いを鮮やかに彩るヒガンバナ

 【佐野】仙波町を流れる仙波川沿いでヒガンバナが見頃を迎え、地元の人たちの目を楽しませている。今年は例年より開花が2週間早いという。

 地元に彩りを増やそうと、仙波そば加工販売部会の会長を務める野部利司(のべとしじ)さん(83)が2002年から5年ほどかけて植えた。現在は市農林漁家高齢者センター周辺や仙波川沿い約3キロに群生している。