前半12分、ゴール正面からのシュートをブロックする栃木SCのDF黒崎(右から4人目)=カンセキスタジアムとちぎ

 サッカーJ2第30節は18日、各地で7試合を行い、栃木SCは宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで水戸と対戦、0-0で引き分けた。連勝が3でストップし、通算成績は7勝12分け11敗の勝ち点33。順位は14位で変わらなかった。

    ◇    ◇

 「北関東ダービー」にふさわしい、中身の濃い激闘だった。攻撃的な水戸と球際で互角以上に戦い、攻守で持てる力を出し切った栃木SC。田坂和昭(たさかかずあき)監督「気持ちの入ったプレーをしてくれた」と悔しさをにじませつつ引き分けを受け入れた。