7回、上三川の大塚が左越えに適時二塁打を放つ=清原球場

 第74回秋季栃木県高校野球大会第4日は17日、県営、清原、とちぎ木の花の3球場で2回戦8試合を行い、小山、上三川、宇都宮商などが3回戦に進んだ。上三川は25年ぶりの3回戦進出。延長十回1死満塁から長谷川翔吾(はせがわしょうご)が左前適時打を放ち、4-3で今市にサヨナラ勝ちした。

    ◇    ◇

 延長十回の激戦を制した上三川は25年ぶりの3回戦進出。伊東賢治(いとうけんじ)監督は「練習する時間も制限されている中で、よく頑張っている」と選手をねぎらった。