夜間集団接種の受け付けに並ぶ市民

 【宇都宮】市が市民を対象に実施する新型コロナウイルスワクチンの初めての夜間集団接種が16日夜、JR宇都宮駅西口前の商業施設「トナリエ宇都宮」9階の市保健センターで始まり、予約した288人が接種を受けた。

 午後7時前に受け付けが始まると、接種券を持った人が列を成した。仕事帰りの働く世代に交じって、制服や体操着姿の若者も目立った。

 宇都宮白楊高2年古寺紅愛(こでらくれあ)さん(17)は「昼間の予約はなかなか取れず、こちらで予約ができてよかった。1回目を終えて半分安心できました」とほっとした表情を見せた。

 同センターでは10月27日までの月~金曜の夜間と水曜の午前・午後を中心に、1日300~1200人に接種する。まだ予約できる日もあり、市保健所は「予約サイトで空き状況を確認し、一日でも早く打ってほしい」と呼び掛けている。