くずう原人まつり始まる 佐野

くずう原人まつり始まる 佐野

 【佐野】市内三大祭りの一つ「第30回くずう原人まつり」(むらおこし実行委員会主催)が26日、嘉多山町の嘉多山公園で始まった。初日は多種多様なイベントが催され、多くの来場者でにぎわった。27日まで。

 オープニングアクトとして、青藍泰斗高吹奏学部が人気映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のテーマ曲などを演奏。毎年恒例の原人パフォーマンスとして、原人に扮(ふん)したスタッフが火起こしを実演した。たいまつで火を掲げると、会場から大きな拍手が湧いた。

 30周年記念として、同校書道部の部員が書道パフォーマンスを披露。縦1・5メートル、横5メートルの台紙に「祝30周年」と豪快に書き上げ、メインステージの上部に掲げられた。

 開会式で奥沢昇(おくざわのぼる)実行委員長は「まつりに足を運んでくれる人たちのおかげで30周年を迎えることができた」などと感謝した。

 まつりでは原人生活の体験やボディーペインティング、動物とのふれあいコーナー、ステージ発表といった多くのイベントを楽しめる。