宇都宮地方気象台は17日午前5時45分、「台風第14号に関する栃木県気象情報」を発表した。県内では、台風14号の影響により、18日は広い範囲で大雨となる見込みとしている。

 台風14号は、17日午前3時には、長崎県五島市の西約230キロにあって、時速約15キロで北東へ進んでいる。台風は、進路を次第に東よりに変えて、17日午後には西日本に上陸する見込み。18日にかけて温帯低気圧の性質を帯びつつ東日本へ進むという。栃木県に最も接近するのは、18日夜のはじめ頃から19日明け方にかけての見込み。

 県内では、台風の影響で18日は広い範囲で大雨となる見込みで、台風が接近する18日昼過ぎからは警報級の大雨となる恐れがある。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水、強風などに注意が必要だという。

 県内で18日午前6時までの24時間に予想される降水量は、多いところで100ミリ。18日に予想される最大風速は15メートル、最大瞬間風速は25メートルの見込み。