十五夜をイメージした絵柄の提灯

十五夜をイメージした絵柄の提灯が置かれた境内

十五夜をイメージした絵柄の提灯が置かれた境内

十五夜をイメージした絵柄の提灯 十五夜をイメージした絵柄の提灯が置かれた境内 十五夜をイメージした絵柄の提灯が置かれた境内

 【真岡】東郷の大前(おおさき)神社は、社殿前の鳥居に季節を感じさせる絵柄が入った提灯(ちょうちん)の設置を始めた。第1弾は、21日に迎える十五夜をイメージし、月と餅つきをするウサギをあしらった一対を14日から飾っている。

 新型コロナウイルス禍で年中行事などの中止が相次ぐ中、季節の移ろいを楽しむことや行事の大切さを知ってもらおうと、神社と荒町の節句人形・提灯専門店「わたや」が企画した。