学校法人「角川ドワンゴ学園」(沖縄県うるま市)は、宇都宮市内に2022年4月、N高校・S高校通学コース宇都宮キャンパスを開校すると発表した。全国33校目となり、同年に開校するつくばキャンパスと並んで北関東では初めて。19日に宇都宮市内で学校説明会を開く。

 N高校・S高校はインターネットと通信制高校の制度を活用した3年制の学校で、学習内容に大きな差はなく、全日制と同じ高校卒業資格が取得できる。名称はNが「ニュー」「ネット」、Sは「スーパー」「スペシャル」などの意味が込められている。

 宇都宮キャンパスは定員120人。場所は東武宇都宮駅周辺を想定している。高校を中退したり転校したりした人、発達障害の影響や不登校になったことなどで全日制に通いづらい人などの入学を見込む。北関東で初めての開校について、同法人の担当者は「要望やニーズが高かった」と説明する。

 学校説明会は午前10時半~午後12時40分。個別相談会は午後1時半から。場所は同市駅前通り1丁目のTKP宇都宮カンファレンスセンター。同法人のホームページから申し込む。