プロ志望届を提出した中山誠吾

 全日本大学野球連盟は15日までに、白鴎大の中山誠吾(なかやませいご)内野手=190センチ、84キロ、右投げ左打ち、青藍泰斗高出=がプロ志望届を提出したと同連盟ホームページで公表した。10月11日の新人選手選択会議(ドラフト会議)で指名対象となる。

 中山は強肩強打の内野手。昨秋の関甲新リーグで最多打点(11打点)、最多本塁打(4本)に輝きアジア選手権の日本代表候補にも選ばれた。